レンタルオフィス 東京

活用事例

育児の為に退社したが、自宅で仕事は継続。ただ名刺に自宅の住所や電話番号を記載するのには抵抗があった為、バーチャルオフィスを利用しました。

 

 

郵便物は週一回まとめて送ってもらえるし、電話も携帯に転送してもらえるので安心です。

 

 

個人での活動をすることになり、時期的に仕事が立て込む頃になって事務所や顧客への対応をする拠点が必要となりました。

 

 

郵便物の受け取りと電話の代行を依頼しており、電話については当初うまくいかないこともありましたが、現在では安心して依頼しています。

 

 

震災後、便利屋の仕事を再開する為にバーチャルオフィスで再スタートを切りました。

 

 

小さな仕事の依頼をしてもらい、徐々に生活に慣れてきましたが当分は事務所は借りず、バーチャルオフィスで続けていく予定です。

 

 

従業員を解雇し事務所が不要になり、賃料も削減の為に利用しました。

 

 

ランニングコストを大幅に減らすことができ、バーチャルオフィスの月額料金以外は自分の交通費と人件費のみになり何とか倒産は免れることができました。

 

>>カリゴ バーチャルオフィス詳細はコチラ<<